プログラミングスクール

スマホアプリ開発が学べるCHATY(チャティ)の評判について徹底解説!

CHATY(チャティ)は、ハイレベルなスマホアプリの開発エンジニアを目指すことができるプログラミングスクールです。

スマホアプリの開発スキルを学べる数少ないスクールとして、近年多くのプログラミングスクールの中でも知られるようになってきているスクールです。

この記事では、 CHATY(チャティ)の特徴や評判について、現役エンジニアが解説します。

CHATY(チャティ)の3つの特徴

CHATY(チャティ)の3つの特徴についてご紹介します。

スマホアプリ開発スキルを身につける事ができる

CHATY(チャティ)は、スマホアプリ開発スキルを学ぶことができるプログラミングスクールです。

CHATY(チャティ)では主に、React Nativeを使ったスマホアプリ開発について学びます。

React Nativeは、FaceBookが開発したアプリ開発用のフレームワークで iPhoneとAndroidどちらでも動くフレームワークとして世界的に人気を博しています。

これまでのスマホアプリ開発は、SwiftやKotlinなどの言語が主流でしたが、React NativeはJavaScriptのフレームワークなので、Web系のエンジニアなどにも馴染みの深いJavaScriptで開発する事ができます。

CHATY(チャティ) は、今後益々需要が高まることが予想されるReact Nativeを使ったモダンなスマホアプリ開発スキルを身につける事ができるのが特徴です。

開発実績豊富な講師陣

CHATY(チャティ)は、アプリ開発の経験が豊富な講師陣が揃っています。

また技術指導の経験が豊富な講師もいますので、教育に関しての経験とスキルも持ち合わせています。

現役のフリーランスエンジニアとして活躍している講師もいるので、実際の現場の声や現場の情報についても聞く事ができます。

CHATY(チャティ)は、スマホアプリ開発の経験豊富な講師陣から直接指導を受ける事ができるのが特徴です。

転職・独立保証付き

CHATY(チャティ)は、キャリアアドバイザーと立てた目標期間内にエンジニア転職や独立ができなかった場合は、受講料が全額返金されます。

これはCHATY(チャティ)のカリキュラムをしっかりとやれば、エンジニア転職や独立もできるというスクール側の自信の現れとも言えます。

受講生も決して安くはない受講料を払うので、転職・独立保証がついているのは安心です。

ただ、転職・独立保証については、 CHATY(チャティ)が定めたカリキュラムや転職活動をしっかりと行うことが条件になっています。

転職・独立保証の諸条件については、受講前の無料カウンセリングでしっかりと聞いておくようにしましょう。

CHATY(チャティ)のコースと料金

CHATY(チャティ)のコースと料金の詳細についてご紹介します。

Reactライトニング
– お試し2週間 –
ReactNativeパーソナル
– 集中3ヶ月 –
ReactNativeパーソナル
– 集中5ヶ月 –
期間2週間3ヶ月5ヶ月
言語HTML,CSS,JavaScriptHTML,CSS,JavaScriptHTML,CSS,JavaScript
フレームワークReact.jsReactNativeReactNative
質問形式チャット/通話チャット/通話チャット/通話
質問時間月、火、木、日
9:00〜23:00
平日・土日
9:00〜23:00
平日・土日
9:00〜23:00
入会金0円110,000円110,000円
料金(税込)54,780円547,800円547,800円

Reactライトニング – お試し2週間 –

Reactライトニング (お試し2週間 )コースは、Webアプリ開発によく用いられるJavaScriptのフレームワークであるReactについて学習するコースです。

とりあえず短期間でウェブアプリケーション開発やReactについて学びたいという方向けのコースです。

受講期間は2週間と短めですが、フロントからサーバーに加えインフラ構築までを一通り学習する事ができるので、非常に濃い内容になっています。

ReactNativeパーソナル – 集中3ヶ月 –

ReactNativeパーソナル(集中3ヶ月)コースは、3ヶ月でReactNativeを使ったスマホアプリ開発について学習するコースです。

1日フルタイムで学習するコースで、最短でスマホアプリの開発エンジニアになりたい方におすすめのコースです。

ReactNativeパーソナル – 兼業5ヶ月 –

ReactNativeパーソナル(集中5ヶ月)コースは、5ヶ月でReactNativeを使ったスマホアプリ開発について学習するコースです。

夜間や休日で学習するコースで、仕事をしながらスマホアプリの開発エンジニアになりたい方におすすめのコースです。

CHATY(チャティ)の口コミ・評判

CHATY(チャティ)のリアルな口コミからわかる評判についてご紹介します。

スマホアプリ開発に特化した数少ないスクール

CHATY(チャティ)はスマホアプリ開発スキルが学べる数少ないスクールです。

特に React Nativeは、世界的にも人気で今後益々スマホアプリ開発では利用されることが予想されます。

CHATY (チャティ) は、モダンな開発スキルを学べるスクールとして評判です。

完全オンラインなので学習しやすい

CHATY (チャティ) は、完全オンラインで学習するプログラミングスクールです。

時間や場所を選ばずに学習する事ができるので、地方在住の方や仕事をしながら学習したい方にも学習しやすいです。

完全オンラインでスマホアプリの開発エンジニアを目指したい方にはおすすめです。

モダンな開発スキルを身につける事ができる

CHATY (チャティ)は、React Nativeなどのモダンな開発スキルを身につける事ができると評判です。

フロントからサーバーサイドまで幅広く学習する事ができ、近年スマホアプリの開発現場でも用いられる事が多いReact Nativeについて学習する事ができます。

iPhoneやAndroidのスマホアプリ開発者を目指したい方にはおすすめです。

CHATY(チャティ)って実際どうなの?

ここまで CHATY (チャティ)の特徴や評判についてご紹介してきました。

ここではこれらの特徴や評判から、実際に CHATY (チャティ)はプログラミングスクールとしておすすめできるのかについて、エンジニア目線でご紹介します。

スマホアプリ開発に興味がある人にはおすすめ

CHATY (チャティ)は、スマホアプリ開発に興味がある人にはおすすめのスクールです。

近年多くのプログラミングスクールが存在していますが、実はスマホアプリの開発スキルを学ぶ事ができるスクールは多くはありません。

ほとんどのプログラミングスクールが、RailsやPHP言語を使ったWebアプリケーションの開発スキルを教えています。

理由としては、スマホアプリの開発に比べるとWebアプリケーション開発の方が未経験者にはやや学習コストが低い事が挙げられると思います。

そのため、スマホアプリ開発よりWebアプリケーション開発スキルを教えているプログラミングスクールの方が多いのが現状です。

そんな中でも CHATY (チャティ)は、スマホアプリ開発に特化したスクールとしてスマホアプリ開発のエンジニアになりたい方をサポートしています。

CHATY (チャティ) は、React Nativeを学んでスマホアプリの開発エンジニアになりたい方にはおすすめのプログラミングスクールです。

実績は他の大手スクールに比べると劣る

CHATY (チャティ)は比較的新しいプログラミングスクールなので、受講者数や転職実績は他の大手プログラミングスクールに比べるとまだまだ劣ります。

CHATY (チャティ)はスマホアプリ開発に特化したスクールなので、一概に他のWebアプリケーション開発を教えているスクールと比較するべきではないですが、それでもやはり実績面では他の大手プログラミングスクールには劣っているのは現状です。

口コミ数なども、TechAcademy(テックアカデミー)やDMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)などに比べるとまだまだ圧倒的に少ないです。

そのため、受講生の口コミや転職実績を重視するという方にはあまり向いていません。

しかし、受講生があまり多くないからこそ細かなサポートを受けやすいというメリットもあります。

まだまだ口コミなどは少ないので、せっかく受講したのに失敗だったとならないように、受講前には無料カウンセリングを受けて疑問点などは受講前にしっかりとクリアにするようにしましょう。

講師の実績は豊富

CHATY (チャティ)はホームページなどを見ても、講師陣の実績は非常に豊富であることが見て取れます。

スマホアプリの開発経験が豊富なエンジニアから実際に教えてもらう事ができるのは大きなメリットです。

1on1のコーチングで、実際のスマホアプリの開発現場のリアルな情報を知ることも可能です。

CHATY (チャティ)では、経験豊富なエンジニアがオリジナルアプリの開発もサポートしてくれるので、納得のいくオリジナルアプリを開発することも可能です。

CHATY (チャティ) は、スマホアプリの開発経験豊富なエンジニアに教わりたいという方にはおすすめのスクールです。

迷っているならまずは無料カウンセリングを受けよう

スマホアプリ開発のエンジニアになりたいけど一歩踏み出す勇気がないという方や受講を迷っているという方は、まずは無料カウンセリングを受けることをおすすめします。

無料カウンセリングではカリキュラムの詳細や、自分と似たような状況の卒業生などの話など様々なことを聞く事ができます。

もし受講を悩んでいる場合はまずは無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。