プログラミングスクール

【徹底解説】CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の口コミ・評判について!

エンジニア転職を目指すためのプログラミングスクールとして人気のCodeCampGate(コードキャンプゲート)ですが、本当にエンジニア転職できるのかと疑問に思っている方もいると思います。

この記事では、 CodeCampGate(コードキャンプゲート) のリアルな口コミ・評判を現役エンジニアが徹底解説します。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)の特徴

CodeCampGate(コードキャンプゲート)は、エンジニア転職を目指す方に特化した完全オンライン型プログラミングスクールです。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)の最大の特徴は、質の高い現役エンジニアによるマンツーマンレッスンが受けられることです。

4ヶ月間のオンライン学習でプロのITエンジニアになるために必要なプログラミングスキルを学びます。

学習期間中は、現役エンジニア講師が専属メンターとしてエンジニア転職までをサポートしてくれます。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)は、現役エンジニアによるマンツーマンレッスンが受けられるスクールとして人気のスクールです。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)とCodeCamp(コードキャンプ)の違い

CodeCampGate(コードキャンプゲート)とCodeCamp(コードキャンプ)は、どちらもコードキャンプ株式会社が運営するサービスです。

どちらも同じプログラミング学習をサポートするサービスですが、この2つのサービスには違いがあります。

CodeCampGate(コードキャンプゲート) は、エンジニア転職に特化したサービスです。

そのため、エンジニア転職の意思がない場合は受講することができません。

また、用意されているコースも一つのみです。

一方、 CodeCamp(コードキャンプ) は、プログラミングスキルを学びたい全ての方に向けたサービスを提供しています。

エンジニア転職を目指す方から教養としてのプログラミングスキルを身に付けたい方まで幅広い層をターゲットにしています。

コースも豊富に用意されており、幅広い知識を学びたい方におすすめです。

CodeCampGATE
(コードキャンプゲート)
CodeCamp
(コードキャンプ)
学習形式自学習+オンラインマンツーマン自学習+オンラインマンツーマン
専属メンター×
キャリアサポート×
チーム開発×
チャットサポートオプション追加必要
技術推薦状×
対象年齢20代まで全世代
学習期間4ヶ月2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月から選択
入学料金33,000円(税込)33,000円(税込)
料金495,000円(税込)Webマスターコース4ヶ月プラン
385,000円(税込)
※コースやプランによって変わります

エンジニア転職を目指したい方には、転職サポート付きのCodeCampGate(コードキャンプゲート)がおすすめです。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)のカリキュラム

CodeCampGate(コードキャンプゲート)は、未経験から4ヶ月でエンジニア転職を目指します。

4ヶ月の主な学習スケジュールはこちらです。

前半2ヶ月:基礎学習(HTML,CSS,JavaScript,jQuery,PHP,MySQL)

前半の2ヶ月では、プログラミングに関する基礎的な知識を学習しながらプログラミングスキルを習得していき最終的にはオリジナルサービスを作成できるようになるカリキュラムになっています。

未経験からでも分かりやすいように基礎的な内容から順序立てて学ぶことができるので安心です。

最初の2ヶ月で、エンジニアとして最低限必要になる知識を習得することができます。

後半2ヶ月:レベルアップ期間(Git,Github,docker,Laravel)

後半の2ヶ月では、レベルアップ期間としてより実務に近い形でのチーム開発などを経験でき、転職後即戦力として活躍できるためのカリキュラムになっています。

レベルアップ期間は、現役エンジニアの講師が専属メンターとして付いてくれるので、講師のサポートを受けながら更なるレベルアップをすることができます。

チーム開発では、実務では必須になるバージョン管理ツールであるGitやGithubについて学ぶことができます。

また、dockerを用いた仮想環境の構築など実務では必須だが他のプログラミングスクールではなかなか教わらない内容も学習することができます。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)は、このように転職後にエンジニアとして活躍できるためのスキルを習得することができます。

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)のリアルな評判

ここからは、 CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の口コミから分かるリアルな評判をご紹介します。

口コミから分かるCodeCampGATE(コードキャンプゲート)の良い評判

まずは、 CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の良い評判についてご紹介します。

マンツーマンレッスンが分かりやすい

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、現役エンジニア講師のマンツーマンレッスンを受けることができ、非常に分かりやすいと評判です。

時間の調整がしやすい

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、レッスンの受講可能時間が7時〜23時までと非常に長いのが特徴です。

仕事や家事が忙しい人でも時間の調整がしやすいと評判です。

チームでも開発経験を積める

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、プログラミングスクールの中でも珍しいチームでの開発経験を積むことができます。

同時期に受講している仲間とチームを組み開発をしていきます。

このチーム開発で、実務で必要になるGitに関する知識の理解などを深めることができます。

キャリアサポートが充実していた

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、専属の現役エンジニアのメンターに加えキャリアアドバイザーによる転職サポートを受けることができます。

現役エンジニアの声を聞くことができ、キャリアアドバイザーとともに今後のキャリアについてしっかり考えながら転職活動を行うことができるので、転職活動も自信を持って進めることができます。

講師の雰囲気が良かった

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、講師の雰囲気が良い評判です。

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、講師の質にもこだわっているので、スキルに加えてコミュニケーション能力などもある講師が多い印象です。

口コミから分かるCodeCampGATE(コードキャンプゲート)の悪い評判

口コミから分かるCodeCampGATE(コードキャンプゲート)の悪い評判についてもご紹介します。

転職保証はついていない

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、TechCampやDMM WebCampなどの他のプログラミングスクールによくある転職保証は付いていません。

転職保証がある方が安心だという方には、あまり向いていないと言えるでしょう。

しかし、転職保証がない分応募ノルマなどはないので、本当に自分の行きたい企業に対して転職活動を行うことができるというメリットもあります。

モチベーション維持が難しい

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は完全オンライン学習なので、モチベーションの維持が難しい面もあります。

モチベーションの維持が難しいという方は、 教室型のスクールの方が向いていると思います。

30代以上は受講できない

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は年齢制限があり、30代以上の方は受講することができません。

30代以上でもエンジニア転職を目指したい方は、以下のスクールがおすすめです。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)が選ばれる理由

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)のリアルな口コミから分かる評判についてご紹介してきました。

ここでは、数あるプログラミングスクールの中でもCodeCampGATE(コードキャンプゲート)が選ばれる理由をご紹介します。

講師の質が高い

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は何と言っても講師の質が高いのが特徴です。

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、講師の選考通過率が17%と本当に経験があり質の高いエンジニアのみ採用していることが分かります。

この質の高い講師によるマンツーマンレッスンを受けることができるのが、 CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の強みです。

オンラインで全国に対応している

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、オンラインで受けることができるので、地方在住の方でもエンジニア転職を目指すことができます。

東京や大阪以外の地方在住の方でもエンジニア転職を成功させている実績があるのは、 CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の強みです。

仕事をしながらエンジニア転職を目指せる

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、仕事をしながらでもエンジニア転職を目指すことができます。

もちろん学習時間の確保は必要ですが、レッスンの対応時間も長いので、空いた時間に学習を進めることができます。

仕事をしながらでもエンジニア転職をしたいという方には、 CodeCampGATE(コードキャンプゲート)はおすすめです。

チーム開発で実務に近い経験を積める

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、プログラミングスクールの中でも珍しいチーム開発を学ぶことができます。

実務に近い形でのチーム開発の経験を積めるのは、転職活動や転職後にも有利に働きます。

チーム開発経験が積めるのは、 CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の強みです。

転職サポートが充実している

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、現役エンジニア講師による専属メンターとキャリアアドバイザーによる充実のサポート体制をとっています。

キャリアアドバイザーだけでなく、実際の現場のエンジニアの声も聞けるというのは、 CodeCampGATE(コードキャンプゲート)ならではの強みです。

転職活動時に必要な書類の添削なども親身に行ってくれるので、転職活動をしやすい環境が揃っています。

GitやDockerなどのスキルも習得できる

チーム開発の工程で、Gitによるバージョン管理やDockerを用いた仮想環境構築なども学ぶことができます。

これらのスキルは、現場でもよく用いられており必須のスキルとも言えます。

しかし、多くのプログラミングスクールではこれらのスキルをここまで深くは教えてくれないことが多いです。

チーム開発工程で、GitやDockerについて学ぶことができるのは、 CodeCampGATE(コードキャンプゲート)ならではの強みです。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)が向いている人

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)が向いている人の特徴についてご紹介します。

独学でもしっかりと学習できる人

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、完全オンライン型のプログラミングスクールです。

そのため、基本的には自分でカリキャラムを進めていかなければいけません。

マンツーマンレッスンやチャットを活用しながら効率的に学習を進めていける環境ではありますが、それでもしっかりと自分で学習を進めていくことができなければスキルを身につけることはできません。

中々モチベーションを維持しづらい人などは、教室型のスクールのなどの方がおすすめです。

一方、自学習でもしっかりと学習できる人にとっては時間や場所を選ばずできる CodeCampGATE(コードキャンプゲート)はおすすめです。

地方在住でもエンジニア転職を目指したい人

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、オンラインで全国に対応しており、地方での転職実績も豊富です。

地方在住でもエンジニア転職を目指したい方には、 CodeCampGATE(コードキャンプゲート)はおすすめです。

仕事をしながらエンジニア転職を目指したい人

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、仕事や家事をしながらでもエンジニア転職を目指せるスケジュールになっています。

そのため、仕事や家事が忙しくて他のスクールでは難しいという方でも、 CodeCampGATE(コードキャンプゲート)のスケジュールなら対応できる場合も多いです。

レッスン対応時間も長いので、仕事をしながらエンジニア転職したい方にはおすすめです。

さいごに

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、エンジニア転職を目指す人にはおすすめのスクールです。

完全マンツーマンの現役エンジニアによるレッスンを受けられるので、効率的にプログラミングスキルを習得することができます。

まずは、無料体験で実際にどのような事が学べて、どのようなスケジュールで進めていくのかというイメージを掴んでみることをおすすめします。