プログラミングスクール

テックアカデミー(TechAcademy)を受講してフリーランスとして活動する方法!

テックアカデミーを受講してフリーランスエンジニアとして活動したい。 

このような思いを持っている方も多いのではないでしょうか? 

実際ITエンジニアを目指している方の多くは、将来的にフリーランスとして活動したいと考えている方が多いと思います。 

しかし、実際にテックアカデミーを受講して本当にフリーランスとして活動することができるのかと不安に思っている方もいると思います。 

この記事では、テックアカデミーを受講すれば本当にフリーランスになれるのか、そしてフリーランスになるためにはどうすればいいのかについて現役のエンジニア目線でご紹介します。 

フリーランスになりたい方はフロントエンドコースがおすすめ 

テックアカデミーを受講してフリーランスを目指す方には、フロントエンドコースがおすすめです。 

フロントエンドの最新技術を学べる

テックアカデミーのフロントエンドコースでは、フロントエンドの最新技術を基礎から学ぶことができます。 

最近のフロントエンド開発で良く使われている、Vue.jsについても学ぶことが可能です。 

昨今のフロントエンド開発は、一昔前に比べるとできることも多くなり、今後も需要が高まることが予想されています。 

オリジナルのWebサービスを一から作成することで、短期間でフロントエンドの技術を習得できるので、非常にコスパもいいコースです。 

フリーランス需要が高い

フロントエンド開発は、フリーランス需要が高いのが特徴です。 

最近では、JavaScriptのフレームワークである React.js や Vue.js、そしてJavaScriptを拡張して作られたプログラミング言語である TypeScript などを扱うことができるエンジニアの需要が高いです。 

テックアカデミーのフロントエンドコースでは、これらの基礎となるJavaScriptやjQuery、そしてVue.jsについて学ぶことができます。 

フリーランスになりたい方におすすめのスキルを学ぶことができるので、フロントエンドコースはおすすめです。 

現役エンジニアのメンターに話を聞くことができる

テックアカデミーはメンターのほとんどは現役エンジニアの方です。 

メンタリング時に実際にエンジニアとして活躍している方のお話しを聞くことができます。 

中にはフリーランスエンジニアとして活動している方もいます。 

エンジニアになるなら絶対にプロのエンジニアに話を聞くのが一番の近道です。 

テックアカデミーでは週2回のメンタリングで、技術のことだけでなく、エンジニアとしてやっていくための方法なども聞くことができます。 

現役エンジニアの生の声を聞くことができるので、将来的にフリーランスエンジニアになるためのアドバイスをもらうことも可能です。 

テックアカデミー(TechAcademy)に通ってすぐにフリーランスは可能?

テックアカデミーに通ってすぐにフリーランスエンジニアとして活躍することは可能なのか解説します。 

可能だが非常に難しい 

テックアカデミー受講後すぐにフリーランスとして活躍することは可能だが、実際は非常に難しいです。 

エンジニアとして案件に入る場合に一番重視されるのは、スキルと実務経験です。 

現場によっては、経験何年以上という募集をしているところが多いです。 

エンジニアのスキルを図るのは意外と難しく、企業にとってはやはり実務経験がある方が安心です。 

そのため未経験からテックアカデミーを受講してすぐに、フリーランスとしてやっていくのは難しいというのが現状です。 

Web制作案件なら可能性あり

Web制作案件ならテックアカデミー受講後すぐにフリーランスとしてやっていくことも可能です。 

Web制作系の案件は、アプリケーション開発などの案件に比べるとそこまでのスキルがなくても対応することが可能です。 

テックアカデミー受講後すぐにフリーランスとしてやっていきたいと言う方は、Web制作系の案件に絞って活動してみると良いと思います。 

しかし、 Web制作系の案件は競合も多く駆け出しの頃は高単価の案件を受けるのは難しいです。 

最初は、低単価の案件からこなしていくことで徐々に高単価案件を受注することができるようになるでしょう。 

稼げるフリーランスエンジニアになるために必要な3つこと

稼げるフリーランスエンジニアになるために必要な3つのことについて解説します。 

2〜3年以上の実務経験

稼げるフリーランスとして活躍するためには、実務経験は必須です。 

実務経験がなければ、高単価案件に参画するのは非常に困難です。 

初めからフリーランスで稼げる人はほとんどいません。 

最初の2〜3年は、現場でコツコツ開発経験を積むことが重要です。 

現在フリーランスとして活躍している人の多くも、キャリアの最初はシステム開発会社で数年経験を積んでいる方がほとんどです。 

まずは、自分の実績を作るためにも実務経験を積むことが重要です。 

自己発信して自分を知ってもらう

フリーランスとして案件に入る場合、自分がどれだけのスキルがあってどんな人物かということを知ってもらわなければいけません。 

企業もフリーランスとして雇う場合、信頼できるエンジニアでなければ雇ってくれません。 

そのため、自分が何者かということを発信することは非常に重要です。 

多くのフリーランスエンジニアは以下のような方法で自己発信しています。 

  • TwitterなどのSNSで発信
  • 技術ブログ(Qiitaやブログ)で発信
  • GitHubにソースコードを上げる

面接時にはこれらが自分をアピールできる武器になります。 

将来的にフリーランスエンジニアとして活躍したいという場合は、今のうちから自己発信することが重要です。 

ビジネス能力を身に付ける

エンジニアに求められるスキルは、プログラミングスキルだけではありません。 

Webサービスやシステム開発というのは、あくまで企業がそこから利益を生み出すための手法でしかありません。 

そのため、プログラミングスキルと同じくらいビジネススキルというのも重要になります。 

例えばあなたが経営者になったと思って考えてみて下さい。 

ただ言われた通りに開発する人と要件を汲み取ってより良くするための改善提案ができる人では、圧倒的に後者の方が優秀なエンジニアです。 

利益を生むことができるエンジニアは、実はそんなに多くはありません。 

プログラミングスキルに加えてコミュニケーションスキルやマーケティングスキルなどのビジネススキルを身に付けることで、フリーランスエンジニアとして活躍しやすくなるでしょう。 

フリーランスになるために今からすべきこと

フリーランスになるために今からすべきことについて解説します。

とにかくコツコツ技術を身に付ける

残念ながらフリーランスとして活躍するための近道はありません。 

結局はコツコツ努力してスキルを身に付けるしかありません。 

フリーランスとして活動する際に頼りになるのは、自分が身につけたスキルのみです。 

厳しいようですが誰かに頼ることはできません。 

フリーランスとして稼げるエンジニアになりたいという方は、まずはとにかくコードを書いて下さい。 

それがフリーランスとして活躍する一番の近道です。 

勉強は一瞬、スキルは一生です。 

努力してスキルを身に付けることで、将来的にはフリーランスとして自由な働き方もできるようになるでしょう。 

とにかく今は、コツコツ努力を積み重ねましょう。 

フリーランスで活躍している人を真似する

フリーランスで活躍したい場合は、実際にフリーランスで活躍している人がやっていることやこれまでやってきたことを真似してみましょう。 

自分で試行錯誤するよりも、自分がなりたい人を真似する方が最短距離でなりたい自分になることができます。 

最近では、Twitterなどで発信している方も多くいます。 

自分が目指すべき人を見つけることで、そこに向かって効率良く努力することができます。 

その中で少しずつ自分の特色などが分かってくると思います。 

まずは、活躍している人を真似することから始めると良いと思います。 

フリーランスになるメリット

実際にフリーランスになるメリットについてもご紹介します。

時間や場所を選ばない働き方も可能

フリーランスエンジニアは、全て自分で決められます。 

最近ではリモート案件なども多く、時間や場所を選ばずに働くことも可能です。 

技術さえあれば、海外で働くことだって可能です。 

フリーランスは、時間や場所を選ばない働き方ができるというのは大きなメリットの一つです。 

単価も高い

開発のプロジェクトには、正社員、フリーランス、SES(派遣)など様々な人がいます。 

同じプロジェクトで同じ仕事内容でも単価が違うということが多々あります。 

フリーランスは、単価=給料です。 

一方、正社員やSESの場合、会社がマージンを取るので、単価=給料ではありません。 

フリーランスエンジニアが月70万円もらっているのに、SESで来ている人は月30万円の給料ということも良くあります。 

もちろんその分、正社員やSESの方が安定しているというメリットはあります。 

しかし、フリーランスと社員では圧倒的に給料が違うのが現実です。 

スキルを磨いてフリーランスとして活躍することができれば、単価の高い仕事をすることができます。 

スキルがあればリスクも少ない

フリーランスは、案件に入れなければ給料は入りません。 

正社員に比べるともちろんリスクもあります。 

しかし、スキルがあれば後戻りできるのもITエンジニアの良さでもあります。 

ITエンジニアは基本的に人手不足ですし、求人は多くあります。 

フリーランスで上手くいかなくても、そこからまた社員として雇ってもらうことも十分に可能です。 

そのため、フリーランスに挑戦するメリットは多々ありますが、デメリットはあるようであまりありません。 

ITエンジニアがフリーランスを目指す場合、低リスクで挑戦できるのもメリットの一つです。 

最後に

ITエンジニアの需要は今後もますます増え続けます。 

エンジニアになりたい、フリーランスになりたいという方は、まずはテックアカデミーを受講して行動することをおすすめします。 

テックアカデミーも決して安くはありませんが、十分に費用対効果はあります。 

自分の努力次第でフリーランスとして稼ぐことも可能です。 

フリーランスエンジニアとして活躍したいという方は、テックアカデミーで勉強することをおすすめします。 

おすすめのプログラミングスクール比較20選!特徴や評判、選び方を徹底解説!おすすめのプログラミングスクール20選をご紹介します。 プログラミングスクール選びに失敗しないためのポイントについても解説します。...